9月のイベント


今年はまだまだ暑い日が続いていますね~。
夏休みも終わりましたが、”秋”というにはまだ
早い感じですね。

この時期になると、伝統的な行事が多い佐賀県。
食べ物もおいしい季節ですし、伝承文化に触れながら
秋の味覚を満喫してはいかがでしょうか。

天文祭2017
 期間 2017年9月2日(土)
 場所 武雄市 宇宙科学館
 内容 星空や宇宙をより身近に感じてもらえるよう企画した星のお祭り「天文祭」。
     今年で8回目の開催となる天文イベントで、昼間は望遠鏡の使い方講座や特別ワークショップ、日没後は
     たくさんの望遠鏡で大観望会を行います。

第20回 かしま伝承芸能フェスティバル
 期間 2017年9月10日(日)
 場所 鹿島市 祐徳稲荷神社
 内容 佐賀県で最も伝承芸能が多く残る鹿島市ならではの祭典です。
     市内の伝承芸能が一堂に会して、祐徳稲荷神社の境内で披露されます。

第33回富士町古湯映画祭
 期間 2017年9月16日(土)~2017年9月18日(月)  AM10:00頃~OM22:00頃(日によって異なる)
 場所 佐賀市 フォレスタふじ
 内容 富士の大自然の中で様々な映画を上映します。
     会場には温泉もあり、来場者には無料開放します。

武雄の荒踊奉納「宇土手の荒踊」
 期間 2017年9月23日(土)
 場所 武雄市 正一位神社
 内容 宇土手地区・中野地区・高瀬地区の3地区が国重要無形民俗文化財に指定されている。
     毎年秋の彼岸に神社境内において、五穀豊穣・家内安全・村中和平の願をこめて奉納される。

宇宙の日講演会
 期間 2017年9月23日(土)
 場所 武雄市 宇宙科学館
 内容 佐賀大学大学院工学研究科 名誉教授 (客員研究員)新井康平氏をお招きして、「衛星の恵みうれしの茶」、
     もち米の代表的な種類の一つである「ヒヨクモチ」や冬季の有明海における珪藻赤潮検知に関する研究成果を
     分かりやすくご紹介します。

九州オルレ唐津コース 9月定例ウォーク 「サンセット&彼岸花ウォーク」
 期間 2017年9月23日(土)
 場所 唐津市 唐津市鎮西町
 内容 「オルレ」とは、韓国済州島で始まったトレッキングです。
     その魅力は、自然を五感で感じ、ゆっくりと歩くことを楽しむところにあります。

第23回プレイエル小音楽会
 期間 2017年9月24日(日) 午前の部11:00~/ 午後の部14:00~
 場所 佐賀市 徴古館
 内容 昭和6年に朝香宮家から鍋島家13代直泰公へ降嫁された紀久子様が婚礼調度のひとつとして持参された
     フランス製のピアノ「プレイエル」。その音色を展示室内で楽しむ小音楽会。

中木庭のたぬき踊り
 期間 2017年9月25日(月)
 場所 鹿島市 中木庭天満宮(中木庭公民館)
 内容 平谷に温泉が発見された際の民話にもとづく、ユニークなたぬき踊りです。

佐賀県について

九州北部にある佐賀は、東は福岡県、西は長崎県に
接しています。

佐賀県は、有名な陶磁器、のんびりとくつろげる温泉やお祭りなど伝統文化が豊かな県です。

年間の平均気温が16度前後の地域が多く、穏やかな気候。 
農業や水産業、畜産業などが盛んでたくさんの美味しい食べ物が多い県です。

            ✿✿✿✿✿ 歴史・文化 ✿✿✿✿✿

                                                   吉野ヶ里歴史公園
                 吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、神埼市と吉野ヶ里町にまたがり、推定延長2.5kmの壕に囲まれた
                              日本最大級の規模の弥生時代の環壕集落(かんごうしゅうらく)跡です。

                                     世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産
                              幕末に佐賀藩が洋式船による海軍教育を行なうとともに、藩の船の係留地として、
                                          また修船・造船を行なう場所として機能した施設です。

                                                      祐徳稲荷神社
                                      伏見稲荷と笠間稲荷とともに日本三大稲荷に数えられる神社。

                                                         多久聖廟
              中国の聖人、儒学の祖である孔子(こうし)を祀っており、宝永5(1708)年、儒学をはじめとする学問を好む
                                       多久4代領主・多久茂文(しげふみ)によって創建されました。

                                                 中冨記念くすり博物館
                           もともと鳥栖は、富山と並ぶ配置売薬(はいちばいやく)のさかんな所で、薬との関係は深く、
                                                 製薬業は今や鳥栖の主力産業のひとつです。


  • 画像リンク

       マイホームをお探しの方へ

  • 画像リンク

      建物や土地を処分したい方へ

  • 画像リンク

       買取までの流れをご紹介

  • 画像リンク

        疑問にお答えします

お役立ち情報