4月のSAGA

           ご存知ですか?
      4月8日「花祭り」

☺花祭りの由来
教の開祖であるお釈迦様の誕生日お祝いをする日で
日本には7世紀ごろ中国から伝わりました。
お釈迦様は、インド北部にあるルンビニ園で誕生されました。
まれてすぐに立ち上がり七歩あるき、右手で天を指し、左手で
地を指
天上天下唯我独尊』と言葉を発したと伝説があります。
生まれたルンビニ園にはたくさんの花に囲まれた場所だったそうで、誕生日にはたくさんの花を供えるようになり「花祭り」となったそうです。

人々の交流スポットとしてオープン
うれしの茶交流館「チャオシル」 オープニングイベント
日時 2018年4月1日(日)
場所 嬉野市 うれしの茶交流館「チャオシル」
内容 うれしの茶発展の過程を紹介するとともに、これらの貴重な資料を展示・保存。
    県内では唯一、全国でも貴重な茶専門の資料館です。
    茶摘み、茶染め、お茶の淹れ方などを体験できるコーナー(有料)や、お茶の販売や喫茶のコーナーもあり。
料金 オープニングは入館料無料

近代洋画の巨匠岡田三郎助のアトリエ
岡田三郎助アトリエオープン
日時 2018年4月1日(日) AM9:30~PM18:00
場所 佐賀市 佐賀県立美術館隣
内容 岡田は明治41(1908)年から昭和14(1939)年まで、現在の東京都渋谷区恵比寿で暮らし、制作に
    打ち込みました。佐賀県立博物館隣に移築。

源氏物語のゆかりの地
鏡神社 春祭り(春季例大祭)
日時 2018年4月1日(日)  ●神事11:00~ ●御旅所巡行付随イベント宮ノ原桜マルシェ10:00~16:00
場所 唐津市鏡 松浦総鎮守鏡神社
内容 御旅所祭では、宮司舞、オカリナ演奏が奉納される。
    祭典当日は、宮ノ原桜マルシェ(フリマ、飲食など)も開催し、はずれなしの無料わくわく抽選会(数に限り有)も。

江戸時代より伝統技術を受け継ぎ、「秘窯の里」
伊万里大川内山 春の窯元市2018

日時 2018年4月1日(日)~5日(木) AM8:30~PM17:00
場所 伊万里市大川内町 大川内山窯元郡一帯
内容 伊万里焼が通常より2割~5割安く販売され、2級品や掘り出しものも出ます。
    期間中には陶板弁当の販売や買い物スタンプラリーなどのイベントもあります。

待望の佐賀公演開催決定!
岡林信康弾き語りライブ2018 佐賀公演
日時 2018年4月15日(日) PM17:00~PM19:10 ※開場16:30
場所 佐賀市東与賀町 佐賀市立東与賀文化ホール
料金 全席指定4,000円(税込/当日500円増)
内容 「山谷ブルース」「チューリップのアップリケ」「自由への長い旅」…伝説のシンガー岡林信康、待望の佐賀公演。
    名曲の数々と、愉快なトークをお楽しみに。

家族・友人と一緒にたけのこ掘り体験
うちあげのたけのこ祭り
日時 2018年4月15日(日) AM9:00~PM14:30
場所 唐津市鎮西町 旧打上中学校
内容 唐津市鎮西町打上の、緑豊かな自然から生まれる旬の味覚「たけのこ」を味わってみませんか。
    たけのこご飯、地元のたけのこ料理でのおもてなしなどで楽しい1日を。
    掘ったたけのこは、その場で下茹でして持ち帰ることができます。


孔子を偲ぶ祭典
多久聖廟春季釈菜
日時 2018年4月18日(水) AM10:30~AM11:30
場所 多久市多久町 多久聖廟
内容 多久聖廟の建立より300年以上続く、孔子とその高弟を偲ぶ伝統行事。
    式典は、中国・明時代の祭官服を身にまとった献官や祭官が、雅楽を演奏される中、7種類の食べ物と甘酒を
    お供えする。式典後は、釈菜の舞、腰鼓、参列生徒の唱歌、揚琴の調べが披露される。

是非、お越し下さい♪
「肥前さが幕末維新の『技』」展関連イベント 鯱の門マルシェ
日時 2018年4月21日(土)~2018年4月22日(日)  AM10:00~PM17:00
場所 佐賀市 佐賀城本丸歴史館
内容 作家さんの「技」を感じられるマルシェを開催します。

春の山菜 筍はいかがでしょうか
ダムの駅富士 しゃくなげの里 「山菜筍祭」
日時 2018年4月29日(日) AM9:00~PM18:00
場所 佐賀市 ダムの駅富士しゃくなげの里
内容 地場産品の農産物・加工品はもちろん、この時期は旬の筍をはじめ、たくさんの山菜たちが並びます。
    また各種イベントも開催予定

やきもの・工芸特集


佐賀県は古くからやきものが盛んな県。
『伊万里・有田焼』『唐津焼』など今でもやきもののトップブランドとして有名です。
その他、『佐賀錦』や『鍋島段通』など、職人技が光る伝統工芸品があります。

伊万里・有田焼 ※伊万里市、有田町
佐賀といえば「やきもの」。そのイメージを決定づけるのはやはり伊万里・有田焼です。
日用食器から観賞用の美術品まで揃えた品揃え、白く美しい磁肌、華やかな絵付、使いやすさ、高い耐久性
たくさんのファンを魅了し続けています。

唐津焼 ※唐津市
唐津焼は、楽焼、萩焼と並ぶ「日本三大茶陶器」のひとつ。
茶陶とも呼ばれ、昔から茶人に愛されてきました。使うほどに味わい深く、艶やかになっていくのが魅力です。

武雄焼 ※武雄市
現在の唐津焼の基礎を築いたといえる武雄焼
素朴で温かみのある落ち着いた色調が特徴。肥前一円の庶民の日常雑器を焼成します。
現在10数カ所の窯元があります。

佐賀錦・鹿島錦 ※佐賀市、鹿島市
ハンドバック、財布、帯締めなど、かたちを変えながらもその美しさで人々を魅了する鹿島錦・佐賀錦。
その繊細で華麗な幾何学的文様は、横糸に絹を、縦糸に金・銀・漆を織り込んでいます。

尾崎人形 ※神埼市
土のぬくもりを感じさせる佐賀の伝統玩具
20種類ほどありますが、なかでも鳩笛は、テテップウといって子どもたちに人気です。

肥前びーどろ ※佐賀市
肥前びーどろの歴史は幕末にさかのぼります。
型を用いず息の吹き込みだけで成形するジャッパン吹きという技法で作られています。
優雅な形と赤や青の鮮やかな色が魅力です。

肥前名尾和紙 ※佐賀市
繊維の長いカジの木で作った手漉き和紙。
壁紙やランプシェード用など、さまざまな作品があります。佐賀県重要無形文化財に指定されています。

4月29日(日)~5月5日(土)のゴールデンウィーク中は、毎年恒例の
「有田陶器市」が開催されます。是非‼お越し下さい♪

        ✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿ 今月の記念日 ✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

                        4月29日 昭和の日
 
              もともと、平成になる前の”昭和天皇”の天皇誕生日だったこの日。
               昭和天皇が亡くなられた後に、「天皇誕生日」⇒『みどりの日』に変わりました。
               が、”やっぱり昭和を残そう‼”という事になり・・・
               現在の『みどりの日』⇒【昭和の日】になったそうです。
              
               「みどりの日」⇒5月4日に移動になったそうですよ (゜.゜)へぇ~

        ✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿