消費税増税


消費税が2019年10月から、10%に上がる予定なのは、みなさんご存じですよね。

このまま予定通り増税になった場合、住宅購入で踏まえておきたいポイントをご紹介致します。

押さえておくべき 2つのこと

・「お引渡し」の時期
8%で住宅を購入する期限は、9月30日となりこの日までに「お引渡し」をしなければなりません。

不動産売買契約はすでに締結していても、契約から決済(引渡し)まである程度期間がかかりますので、逆算して物件探しをすることが重要です。

・経過措置における「請負契約」の時期
注文住宅を建てる場合は、完成時期が多少ずれ込むこともあります。
そこで、工事請負契約の締結時期が重要となるのです。
請負契約を「2019年3月31日」までに締結すれば、引渡しが2019年10月以降になっても8%が適用される経過措置が講じられます。

増税が影響する 2つのこと

・売買価格
住宅を購入する場合に消費税が課税されるのは、不動産のうち「建物」にかかる価格になります。
「土地」部分についてはもともと消費するものではないため、消費税は課税されません。
これは一戸建てでもマンションでも同じです。また、売主が「課税事業者」の場合も新築、中古に関わらず消費税が課税されます。

・仲介手数料
住宅を購入する際には、不動産会社に対して仲介手数料を支払わなければなりません。
この仲介手数料『(売買価格×3%+6万円)×消費税』も課税対象となるため注意が必要です。

住宅ローン控除

消費税の増税前か後かで数十万円もの価格差が生じます。
住宅購入者にとって消費税増税はかなり大きな負担となりそうです。

そこで、政府はこのような事態を見越して、一定の要件のもと所得税や住民税が控除できる制度を別途設けています。

住宅を取得してから6ヶ月以内に入居し、その後も引き続き住み続けることで、入居した年から10年間にわたりローン残高の1%相当額が所得税から控除されます。
10年間で最大400万円もの所得控除を受けられるため、所得税や住民税の負担が大幅に軽減されます。

結局、ベストな購入時期は・・
消費税額だけを比較すれば、増税前の方が有利なのは明らかです。
ですが、一番控えたいのが、消費税増税だからといってあわてて住宅を購入することです。
消費税については、購入のタイミングを決める重要な判断材料であることには変わりはありませんが、大切なことは決してそれだけではありません。

将来のライフプランを家族とよく話し合い、それに合ったタイミングで購入することの方がより大切です。
これから住宅購入を検討する方は、増税やオリンピックなどに惑わされず、家族のライフプランからみたベストなタイミングが 『住宅購入のタイミング』 といえるのではないでしょうか。