○○条件付き 既存(中古)住宅

中古住宅市場で、購入前に専門家が建物の診断を行う、購入後に見つかった欠陥を保証や保険でカバーする、といった取組みがあります。
その中で「建物状況調査」「インスペクション」「瑕疵(かし)保証・保険」という言葉をお聞きになった事はありませんか? どんなものなのか少しご紹介いたします。

建物状況調査  インスペクション

建物の状態を検査することをインスペクション(建物検査)といいます。

「建物状況調査」は国の登録を受けた既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士が建物の基礎、外壁等に生じている劣化事象・不具合の状況を目視、計測等により調査するインスペクションの1つです。

瑕疵保険に加入するための適合検査と検査項目が類似していることも特徴の1つです。

瑕疵保証 と 瑕疵保険

瑕疵(かし)保証

購入後に発覚した住宅の瑕疵(欠陥など)を仲介会社などが保証する買主向けのサービスです。 


不動産に瑕疵があった場合には、売主が買主に対して瑕疵担保責任を負うのが原則ですが、それを補完するために、第三者が、瑕疵により発生した一定の損害を負担する仕組み。

瑕疵(かし)保険

買主に瑕疵保証を提供する仲介会社または検査事業者の保証資力をカバーする保険のことです。

瑕疵保険付きの住宅には、住宅ローン減税などの税制優遇が適用されます。
※条件によっては受けられない場合もあります


瑕疵が発生した場合の補修費用を補償するのが「住宅かし保険」
重大な欠陥から消費者を守る保険です。


中古物件を主に取り扱っている㈱東武住販
お気づきな事などありましたら、担当営業へお気軽にお声かけ下さい。